英会話基礎・効果的な学習

スポンサードリンク

    

ここでは管理人にとって効果があった英語の学習方法をご紹介します。

スピーキング

はじめての英会話は英語専門学校に入ったとき。かれこれ20年以上前です。当時は今ほど英語を学ぶツールがなく、会話はまーったくはじめてでした。
リスニングだって洋楽きいてただけ。

英会話ってどうやって何から教えるんだろう? 興味津々でした。
もちろんネイティブの講師はいるんですけど、授業の基本はこれでした。

 モダンイングリッシュ

これは言い換えの練習で英語の反射神経が養われました。テープはとめずに流しておきます。

たとえば MODERN ENGLISH サンプルページP3で、まず、はじまりの文が読まれ、次に左側の項目が聞こえたら、すぐに何を変えるか判断して言います。ちょうど言い終えた頃に録音されている解答が流れます。

...とこのように、短い時間内に頭の中で文法を変換してすぐに答える!という練習です。基本文法はわかっているよねっていう前提で。ちゃっちゃと答えないといけないので 量をこなすうちに、体で覚えるような感覚になっていきます。

だんだん文法が難しく長くなっていきます。よくしどろもどろになったもんです。
運動でいうストレッチみたいなもので、今やってもきっと良いトレーニングになると思います。

“MODERN ENGLISH”っていい方法だったんだなあ” 英会話訓練を再開して思いました。英会話が久しぶりでも、すぐにスイッチオンで動く感じがします。やっぱり運動に似ていて、量をやってなじんだものはちゃんと感覚が残るんだと思います。

音読

映画のシナリオ集を音読。セリフがきれいで会話が多いものがいいですね。
感情移入してなりきって読む。
心の動きと一緒に出てくればいつでも使える言葉になっています。

このページのトップへ

リスニング

ディクテーション(聞き取って書く)

これも英語専門学校で毎回宿題になっていました。音の羅列を聞きとらなきゃいけない!これではじめて意識して聞けるようになりました。自分はどんな音が聞き取れないか発見できます。文法の知識が理解を助けてくれることもあります。

ヒアリングマラソン

いろんな英語が聞けて鍛えられます。リズム、強弱に注意してきくということを知り、言葉のきれめがちゃんとわかるようになりました。耳にとっては劇的な変化と言ってもいいかも。おかげでシャドウイングをすると「よく聞けてるね」と言われます。

スピーキングにも効果があったようです。ネイティブにどこ直すといいと思う?ってきいたら、
「君の英語? 自然で聞きやすいよ。話し方が僕らと一緒って感じ。留学してないの?」

わ〜い(*^.^*)、外国人はおせじは言わないということにしておこう

日本語は強弱のない言葉なので、言葉だけ英語に変えて話すとネイティブ曰く、“英語に似ている日本語”に聞こえるんだそうです。
リズムと強弱に気をつけるだけで、聞いた印象がガラッと変わります。

映画館の大音響の中で1日過ごす

昔は1日中映画館にいられましたよね。今は入れ替え制で残念。1日中映画館にいて、大音響で英語を聞いていたら、耳から入った音がたまって、今にも口から英語があふれでてきそうな感覚がありました。
家で1日テープを聞くのとは、体感するものが違うっていうかんじです。

このページのトップへ

リーディング

英字新聞は偉い!英文を読むのがすごーく苦手だったのに、毎朝とって読むようにしたらいつのまにか “あれっ 読んでる”。
知らない単語は、あまりに何度も登場すると "なんだこれはっ" ってやっと調べる程度。まずは気にせず読めるようになった効果は大きい!

日本国内のニュースが書いてあるJapan Timesのような英字新聞なら、いろんな記事を自然に読んじゃいます。外国人の記者がどう日本を見ているかも興味深いです。

1週間まとめて読むweeklyよりも、毎朝届く日刊紙の方が絶対おすすめ。
「どれどれ、今日はどんな感じ?」って気になって、いつのまにか立ったまま新聞広げて読みふけってたりします。本屋での立ち読みの要領で、必要なとこだけさっと読めるようになってくるようです。

このページのトップへ

 ライティング

これが一番難関。例文が載ってる本を見て書いても、どこかしっくりこないし忘れるし。借りものの言葉はなかなか自分の言葉になりません。いつまでも新米の言葉で経験が足らないような感じです。

私は気のあうカナダ人の友人にプライベートレッスンをお願いしました。毎回、おもしろい本や伝えたくなるようないい話を探しておきます。単語だけ少し調べておきます。

先が聞きたくなるようないい話は、相手も真剣に聞いてくれるのでこちらも熱が入ります。お互いにいい時間をすごせたと彼女の表情を見て満足(笑)。
会話は相手が了承してくれれば録音をしておきます。

レッスンでおしゃべりしたあとは、家で話したことを英語で書きます(あまり辞書など調べずに)。そして、次回その友人に渡して添削をお願いします。←友人の宿題(笑)後日もらいました。

こうしていくと、少しずつ自分が話したいことを自然な英語に直していけると思います。直してもらった文は、英会話レッスンなどで知らない講師に会うたびに話して、いつでも使える言葉に育てます。またここで、いい話を聞いた、感動した、おもしろかったと喜んでくれるので、またいい時間が生まれます。(^.^)

このページのトップへ


*********************************************************************

   翻訳から学ぶ英語の発想      翻訳と原書をくらべてみよう
   英会話基礎・効果的な学習     英語は音楽!
   日本を知ろう

   日本語・英語発想比較メモ
      環境がつくる民族性            「存在」の日本語,「所有」の英語
      やまとことばと英語            自然にそうなる
      名詞の英語、動詞の日本語       英語の分解的表現
      否定の内容を肯定文で          主語を何にするか
      日本語固有の論理性を探る       人間中心 vs. 情況中心

   英語・独学おたすけリンク集 1 2 3

   日本リンク集
   ホツマツタエリンク集
   犬は友、猫は癒し・犬猫リンク集
   お役立ち・注目サイトリンク集
   ぷろふぃーる   相互リンクについて
   トップページ

Copyright(C) 英語の発想・日本語の発想−その心が知りたい All rights reserved.

menu
翻訳から学ぶ英語の発想
翻訳と原書をくらべてみよう
英会話基礎・効果的な学習
英語は音楽!
日本を知ろう
日本語・英語発想比較メモ

英語・独学おたすけリンク集
  

日本リンク集
ホツマツタエリンク集
犬は友、猫は癒し・犬猫リンク集
お役立ち・注目サイトリンク集
ぷろふぃーる
相互リンクについて
トップページ

英会話基礎


スポンサードリンク