日本語・英語発想比較メモ

◎本で学んだこんなこと

『日本語は進化する−情意表現から論理表現へ』加賀野井秀一 著

−日本語は「あいまいな言語」ではない!−

なるほど〜でした。日本式の論理と西洋式の論理とでは展開の仕方が違うというか、やはりはじまりの発想が違うというか。西洋式の論理の形しか知らず、それを日本語の中で探してしまったため気がつかなかったのかな。外国語と比較して、はじめて気がつく日本語のしくみ。いろいろあって興味深いです。視覚から言語化するという点は、他の本で読んだ「絵画的な日本語」と共通するものを感じました。

---------------------------------------------------------------

日本語固有の論理性を探る

・手紙の宛名の書き方は、はたして日本流と西洋流とどちらがすぐれているだろうか。
日本では →「○○県」「○○市」「○○町」「○丁目」「○番地」という形で、大きなカテゴリーからしだいに小さなものへと限定し、最後に個人の名前をもってくるが、西洋では逆。

まぎれもなく日本流が理にかなっていると感じるし、多くのフランス人たちも認めている。
日本語の主語・述語と呼ばれるものの働きは、まさにこの宛名書きの形式に一致する。

・「象は鼻が長い」の文を考えてみる
「象は」と言って、語るべき主題を提示し、さらにこの主題のなかで「鼻」を限定することによって、順次、その内実を語っていく。
つまり、日本語の論理のプロセスも、基本は宛名書きと同じく、大きなカテゴリーから次第に小さなものへと絞りこんでいくスタイルなのである。

・日本語の発想は、すぐれて「探索的」かつ「発見的」
私たちの内部で初めは漠然としていたものが、次第に明らかになっていくプロセスを正確にたどっている。 当初は何もないところで、にわかに一つの意味が姿をとり始める。それを私たちは「〜は」という表現により、かなりおおざっぱな一領域として設定する。そしてこの領域がひとたび決まれば、今度はそこに「〜が」という表現があらわれてその領域をさらに細かく限定する。最後には、見事に彫琢された結論が得られるというわけである。

・「〜は」には、西洋語の主語にはない「視覚」から「言語」への移行が表現されている。 思考するとは、結局、思考する領域を次第に画定し、いっそう明確化していくことにほかならない。

『日本語は進化する−情意表現から論理表現へ』加賀野井秀一 著 より引用

---------------------------------------------------------------

このページのトップへ

****************************************************************

   翻訳から学ぶ英語の発想      翻訳と原書をくらべてみよう
   英会話基礎・効果的な学習     英語は音楽!
   日本を知ろう

   日本語・英語発想比較メモ
    環境がつくる民族性           「存在」の日本語,「所有」の英語
    やまとことばと英語            自然にそうなる
    名詞の英語、動詞の日本語       英語の分解的表現
    否定の内容を肯定文で          主語を何にするか
    日本語固有の論理性を探る       人間中心 vs. 情況中心

   英語・独学おたすけリンク集 1 2 3

   日本リンク集
   ホツマツタエリンク集
   犬は友、猫は癒し・犬猫リンク集
   お役立ち・注目サイトリンク集
   ぷろふぃーる   相互リンクについて
   トップページ

Copyright(C) 英語の発想・日本語の発想−その心が知りたい All rights reserved.

menu
翻訳から学ぶ英語の発想
翻訳と原書をくらべてみよう
英会話基礎・効果的な学習
英語は音楽!
日本を知ろう
日本語・英語発想比較メモ

英語・独学おたすけリンク集
  

日本リンク集
ホツマツタエリンク集
犬は友、猫は癒し・犬猫リンク集
お役立ち・注目サイトリンク集
ぷろふぃーる
相互リンクについて
トップページ

英語の発想・日本語の発想

◎本で学んだこんなこと

環境がつくる民族性
「存在」の日本語,「所有」の英語
やまとことばと英語
自然にそうなる
名詞の英語、動詞の日本語
英語の分解的表現
否定の内容を肯定文で
主語を何にするか
日本語固有の論理性を探る
人間中心 vs. 情況中心